出資馬情報

土曜日のレース回顧~4頭が出走も不完全燃焼な1日

土曜日のレース回顧になります。4頭が一挙出走する祭りでしたが、2桁着順こそないものの馬券内にも1頭も来ない中途半端な結果に。。。

また、レース振りもスムーズでないケースが多く、不完全燃焼のモヤモヤした結果となりました。

それでは下記で振り返っていきます。

ロードリレーション 未勝利戦 6着

レース概要

ロードリレーションは未勝利戦に4番人気で出走し、道中は中団に控えるも直線も伸びきれずに6着でした。馬体重は8キロ増の458kgでした。

出走結果に対する感想

ロードリレーションがダート替わりで勝ち上がりを目指しましたが、6着止まりでした。

好スタートを決めて前に付けるかと思いきや、中途半端なポジションを取り外枠から来た先行馬に寄せられて位置取りを悪くする残念な騎乗でガッカリしました。

リレーション自身も切れる脚は無いので、直線であのポジションでは厳しかったかと思います。

レース後のコメントを見るともう1戦ダートを試す形になりそうですね。鞍上が変わるかは微妙な所ですが、今度こそ先行策からの競馬を見せて欲しいと思います。

ロードレイナード 未勝利戦 9着

レース概要

ロードレイナードは未勝利戦に12番人気で出走し、出遅れから道中は終始最後方のポジションで末脚を伸ばすも9着でした。馬体重は6キロ増の442kgでした。

出走結果に対する感想

ロードレイナードが2戦目で前進を目指しましたがレースに参加出来ず9着止まりでした。

スタートで出遅れると道中リカバリーも出来ずに最後方で直線へ、直線では伸びていたようですが開幕週の馬場であの競馬ではノーチャンスですね。上がり最速は良いのですが、レースに参加していない状況で上がり最速でもあまり喜べないというのが正直な所ですね。

しかも5か月も間隔を空けて馬体重が微増という点も残念でした。トレセンに入って急激に落ちているので体力面が心配です。。。

鞍上も馬の成長があるとは言え、前走のレース後は距離短縮、今回のレース後は距離延長とコメントが二転三転していて微妙な感じなので、鞍上チェンジで新たな一面を引き出してもらえればと思います。

ロードマゼラン 1勝クラス 4着

レース概要

ロードマゼランは1勝クラスに3番人気で出走し、インの好位でレースを進めるも直線伸びきれず4着でした。馬体重は2キロ増の514kgでした。

出走結果に対する感想

ロードマゼランは今回も1勝クラスを脱出することが出来ませんでした。毎回のように掲示板を確保してくれる馬主孝行の1頭ではあるのですが、中々勝ちきれずにもどかしいですね。。

今回は珍しく内に入れてロスのないレース運びに見えたのですが、4コーナーで仕掛け遅れてそのままゴールへ。どうしてもジリジリとしか伸びないので、今回のような展開になると勝ちきれませんね。。

ここまで頑なに右回りを使っていますが、阪神や京都だと馬も騎手も手強いメンバーが相手になるので、個人的には左回りをもう一度試しても良いのではと感じますね。左回りが問題無ければ第3場の中京や新潟も選択肢に入って勝ち上がれる可能性は高まると思います。

ここまで無事に走ってくれて感謝しかないですが、もう一花咲かせるところを見たいです!

シュヴェルトライテ 3勝クラス 4着

レース概要

シュヴェルトライテは3勝クラスに8番人気で出走し、好位から押し切りを狙うも直線で詰まる部分もあり伸びきれずに4着でした。馬体重は2キロ減の438kgでした。

出走結果に対する感想

シュヴェルトライテが久しぶりの定量戦で人気を覆す4着と復調の気配を見せてくれました。

好スタートから好位で運んで直線を向くところまでは理想の展開でしたが、直線が今一つでしたね。。。

詰まって追い出しが遅れて、その後も再度切り返すロスもあって馬券内を確保出来なかった点が痛かったです。

レース後のコメントでは1200mも示唆されていますね。現状1600mで戦うにはワンパンチ足りないので試す価値はありそうですが、ベストは1400mな感じがするので、まずは来年の東京1400mの定量戦での好走を期待したいと思います。

  • この記事を書いた人

ミズ

・2019年に一口馬主を始めたアラサー会社員
・ノルマンディー、インゼル、ロードで出資
・出資馬の重賞制覇を目指して試行錯誤中
出資馬一覧

-出資馬情報
-