出資馬情報

ロードサラブレッド2023年度募集限定受付の結果

本日は先行申し込みで落選があった人を対象にした限定受付が行われました。私もオールフォーラヴ落選により権利を得ていたのでしっかりと参加してきました。

それでは限定受付後の残口紹介と私が申し込んだ出資馬の紹介をしたいと思います。

ロードサラブレッド限定受付終了後の残口状況

本日の限定受付終了後の残口情報がロードから更新され下記の通りとなりました。(情報はロードのHPより参照)

  • 残り口数わずか:ブーケドロゼブルー
  • 残り50口未満:タカミツサクラ、プリメラビスタ
  • 残り100口未満:ワンダーガドット
  • 残り150口未満:プレミアムギフト、ブリュネット、アドマイヤシャイ
  • 残り200口未満:ナチュラルスタイル、ワイルドココ、ベイコート、エンジェリックレイ

動きがあった馬はプリメラビスタとアドマイヤシャイだけでそれぞれワンランクのみの拍子抜けの結果でした。

今年の状況からすると残り50口未満は売り切れてもおかしくはないかと思っていましたが、ブーケドロゼブルーさえ残りましたね。

意外と落選組は少なかったのかもしれないと少し虚しい気持ちになりましたが、無事に限定受付で申し込んだ馬を確保出来たので良しとします。

限定受付で申し込んだ馬について

私が限定受付で申し込んだ馬は以前のブログでも書いた通り、「ワンダーガドット」と「レディルージュ」の2頭になります。

ワンダーガドットについてはロマン枠ですね。5000万という募集価格は維持費含めて回収するには重賞の1つくらい取れないと厳しいのですが、回収率は度外視しても夢を見たいと思わせてくれる1頭かなと思って出資を決意しました。

ロードカナロアとの日本とカナダの年度代表馬同士の配合というポテンシャルに期待したいと思います。

レディルージュに関しては母親の成績もさることながら、ロードカナロアとの配合では全てが勝ち上がっている安定感が決め手ですね。

母親もダート短距離、カナロア産駒の兄弟馬もダート短距離、馬体もダート短距離ということで一貫している点も好感が持てました。重賞とまでは言わずとも上級クラスでコツコツ稼いでくれることを期待したいと思います。

とりあえず、現時点では先行受付で出資したパノラマウェイを含めた3頭がロードでの出資馬となります。まだまだ様子見の馬はいるので育成状況を見ながら2~3頭追加出来ればと思っています。

  • この記事を書いた人

ミズ

・2019年に一口馬主を始めたアラサー会社員
・ノルマンディー、インゼル、ロードで出資
・出資馬の重賞制覇を目指して試行錯誤中
出資馬一覧

-出資馬情報
-,