競馬予想

年内最後のG1ホープフルステークスを予想~逆神返上なるか

明日は中央競馬年内ラストのG1ホープフルステークスですね。今年は絶対的な有力馬が不在で混戦模様ですが予想を頑張りたいと思います。有馬記念で消した2頭がワンツーだったので、その汚名返上もしたい所です。

それでは以下でホープフルステークスの傾向と馬券予想、買い目を記載していきたいと思います。

ホープフルステークスの傾向

まずはホープフルステークスの傾向について改めて整理します。「人気別成績」「前走のクラス・距離別成績」の2点で整理したいと思います。

人気別成績

まず人気別の成績ですが傾向からは上位人気の信頼性が高いレースとなっています。

昨年こそ大波乱になりましたが、G1になってからの6年間で1番人気は4勝と安定感があり、2番人気、3番人気、4番人気も複勝率50%と上位人気が確実に馬券内へ入っています。

よって基本的には上位人気が出来るレースですが、近2年は1番人気が馬券内を外すなど波乱傾向にあるので判断が難しいですね。

前走のクラス・距離別成績

次に前走のクラス・距離別の成績になります。

前走クラス別の成績では基本的にはOP以上のレースを使ってきた馬が有力です。

勝ち馬は東スポ杯、萩S、京都2歳Sからしか出ておらず、1勝クラスからの参戦は2.3着が精一杯という状況ですね。

距離別では2017年のジャンダルムを除いて1800mか2000mのレースの馬となっています。同月に朝日杯があるのでマイラーはそちらに行く点も大きいかもしれません。

今年は東スポ杯からの参戦馬は4着のショウナンラプンタ、萩Sからも5着のホルトバージしかいないのでその他のステップレースからの判断が重要になりますね。

馬券予想と買い目

私のホープフルステークスの印は以下になります。

本命:⑬ レガレイラ

対抗:⑥ シンエンペラー

単穴:⑪ ショウナンラプンタ

消し:① ゴンバデカーブース

下記で各馬への評価コメントを記載します。

本命:レガレイラ

本命はレガレイラになります。前走のアイビーSは3着ながらスローの展開でポジション取りだけの問題だったと思うので割引は不要かと思います。

重賞馬のセットアップに快勝した新馬戦のレース振りを見る限りでは小回りの中山コースでも問題は無さそうで、ルメール騎手がデビュー戦からずっと乗っている点もプラスだと思います。

対抗:シンエンペラー

シンエンペラーは前走京都2歳Sを制しており実績上位の馬ですね。

着差は大きくは無いので過信は禁物ですが、似たようなコースの京都2000mを制した実績を評価して対抗としました。

単穴:ショウナンラプンタ

ショウナンラプンタは穴馬として面白い存在と思い、単穴評価としました。

前走は4着ながら上がり最速ですし、新馬戦が強い競馬をしているので似たような条件の中山2000mではパフォーマンスを上げてくるのではないかと思います。

またキズナ産駒で馬体重500kg超えとパワータイプに映る点も中山コース向きと思うので穴をあけてくれるのではないでしょうか。

消し:ゴンバデカーブース

人気上位で消した馬はゴンバデカーブースになります。

2連勝で本レースに挑む形で前走では評判馬のボンドガールにも勝つなど実績は申し分なしです。

ただ、逃げと最後方からの差しと極端な競馬しかしておらず最内枠が懸念な点と前2走が東京マイルで適性の異なる中山2000mに対応出来るかが怪しい中で上位人気に支持されているため、配当を考慮して消しとしました。

馬券の買い目

最後に買い目ですが下記の3連複フォーメーションで買いたいと思います。

⑥⑪⑬-⑥⑪⑬-②④⑥⑨⑩⑪⑫⑬⑯⑱ 計22点

今回のレースは小波乱傾向と読んで3頭軸で紐も広めに流していきたいと思います。何とか的中で年内のG1を締めくくりたいですね。

  • この記事を書いた人

ミズ

・2019年に一口馬主を始めたアラサー会社員
・ノルマンディー、インゼル、ロードで出資
・出資馬の重賞制覇を目指して試行錯誤中
出資馬一覧

-競馬予想
-,