募集馬評価

ロードサラブレッド2023年度募集の中間発表(最終版)

ロードサラブレッドの2023年度募集の第二回中間発表が行われたので確認していきたいと思います。

先日の初回の中間発表では11頭の名前が挙がりましたが、その後の票の伸び具合はどうなったでしょうか。また、先日名前が挙がらなかった馬で今回新たに名前が挙がった馬はどのくらいいるのでしょうか。

私は現時点では2頭に申し込み、10頭程度を様子見予定なので、それらの馬の票の伸び具合も確認しつつ最終結論を出したいと思います。

今年度のロードの募集馬評価のまとめと私の出資検討馬については下記の記事に書いているので、良ければ合わせてご覧下さい。
ロードサラブレッド2023年度募集馬評価まとめ

2023年度募集の中間申し込み状況(最終版)

第二回の中間発表での申し込み状況は下記の結果となりました。

  • 450口以上:オールフォーラヴ、エンジェルフェイス
  • 400口以上:キャトルフィーユ、パノラマウェイ、デルフィーノ、ポプラ
  • 350口以上:イトワズマジック、エトワールブリエ、ブーケドロゼブルー
  • 300口以上:ヴィーヴル、タカミツサクラ
  • 250口以上:プリメラビスタ、ワンダーガドット
  • 200口以上:プレミアムギフト、ワイルドココ、スピニングワイルドキャット

※上記の情報はロードサラブレッドのHPより引用

前回の中間発表と比較すると、一部に票が集中というよりは全体的に票が伸びていますね。概ね前回から1.5倍に伸びているように見えます。また、5頭が新たに200口を超えてランクインしてきました。

昨年の傾向を踏まえると今回の発表で400口を超えている6頭については抽選になる可能性が高いと思います。350口は何か申し込みが増えるような出来事が起きなければギリギリ大丈夫ではないかと想像しています。

また、最高価格のデルフィーノとイトワズマジックがそれぞれ満口が見える状況まで申し込みが行われているのに加えて、ラインナップの高価格帯に位置する4000万以上の募集馬が軒並みランクインしていることには驚きました。価格に見合った能力を持っているという事でしょうかね。

私の出資検討馬の状況と先行申込馬の最終結論

私が申し込んでいるパノラマウェイとオールフォーラヴは想定通り400口以上の申し込みなので抽選はほぼ確実でしょうね。オールフォーラヴはかなり厳しそうなので、パノラマウェイだけでも最低限確保したい所です。

様子見の中ではポプラとヴィーヴルの名前が挙がっていますが、ポプラはスワーヴリチャードの種付料高騰の影響もあるので売り切れでしょうね。懸念していた馬体重も今回の更新で増えていましたし。

ということで、先行申し込みの最終結論ですが、現時点で申し込んでいるパノラマウェイとオールフォーラヴから追加は行わずに2頭のみ先行で申し込みたいと思います。

ポプラについてはかなり悩みましたが、カタログを見る限りでは成長を見守りたい枠なので、見送りたいと思います。

例年では先行申し込みの後は入厩直前の販促期まで票が動かないので様子見枠で育成が順調な馬から数頭申し込もうと思います。

  • この記事を書いた人

ミズ

・2019年に一口馬主を始めたアラサー会社員
・ノルマンディー、インゼル、ロードで出資
・出資馬の重賞制覇を目指して試行錯誤中
出資馬一覧

-募集馬評価
-,